女医

自律神経失調症に悩まされているのならクリニックへ

糖尿病の知識

サプリ

糖尿病の薬には、DDP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬などがあります。しかし、これらを飲んで安静にしていれば治るわけではありません。食事療法や運動療法も行う必要があります。糖尿病の基礎知識を学ぶために、教育入院をするといいでしょう。

詳しく見る

最先端の癌治療

女性医師

サイバーナイフ治療によって、これまで難しかった悪性腫瘍の治療が可能となりました。痛みが少なく、副作用も軽いというメリットがあります。治療前には主治医とじっくり話し合うことが大事です。治療に入ったら照射の目印となるマークを消さないように注意します。治療中は安静にして心身の負担を軽くするようにします。

詳しく見る

見極めが肝心です

男の人

聴神経腫瘍は平衡感覚に係わる聴神経の周りに発生する良性腫瘍で、珍しい疾患ではありません。めまいや聴力低下などの症状がありますが、進行スピードが遅いため発見しにくいものです。治療は手術や放射線療法がありますが、経過観察で様子を見ることもあります。

詳しく見る

不規則な生活習慣に注意

カウンセリング

心身への各種症状

不規則な生活習慣を送っていたり、ストレスによる内的要因などから、自分自身ではコントロールすることのできない自律神経のバランスが乱れてしまうことにより、自律神経失調症となってしまう可能性があります。この自律神経失調症による症状には、頭痛やめまいなどのほか、身体の恒常的なだるさを感じたり、気分がふさぎ込む、イライラするなどといったものがあります。このように自律神経失調症は、心身両面において、不調が現れてきます。こうした症状を改善させるためには、心療内科や精神科などで受診した際に処方される薬を飲むことで解消されるケースもあります。また、自律訓練法と呼ばれる方法によって、乱れた自律神経のバランスを整えるといった解消策に取り組み、一定の効果が得られた方も数多く存在しています。

身体や心理的不調への対処

心身への異常を自覚しはじめた場合には、自律神経失調症が原因となっていることもあります。しかし、その他の病気を患っている可能性も否定することはできません。そのため、身体の不調が現れた箇所によって、各種専門医療機関での診察を受けてみる必要性もでてきます。動機や息切れ、頭痛がするなどといった症状がある場合には、内科系医療機関で診察を受けることにより、糖尿病などが発覚するケースもあります。また、症状によっては、耳鼻科や泌尿器科などで受診することも必要になってきます。それらの病院で診てもらっても、身体の異常が見受けられないようであれば、心療内科や精神科などでの受診から、自律神経失調症であることが発覚することも多分にあります。